スポーツ選手がおこなう自己調整法。

■2016/02/19 スポーツ選手がおこなう自己調整法。
 以前プロゴルファーのかたを整体していた時に、練習前後に反対方向にスイングするという
話を聞いたことがあります。
 
 同じように、大リーガーのダルビッシュ投手も、利き腕の反対で投げる練習を取り入れているそうです。
 フィギュアスケートの宮原知子選手も、練習では普段とは逆の時計回りに飛ぶことがあるといいます。

 いずれのケースも、そうすることで身体のバランスを整えているのでしょう。
 これらのスポーツは、左にひねる動作が多くなりますから。
 (ちなみに私も、趣味の空手をする時に、右構え左構えの両方から攻撃できるように
身体のバランスを意識しています。)

 当店の整体も、考え方は似ています。
 苦手な動作を向上させることで、身体のバランスを整えるのです。
 (といっても、得意な動作と同じようにするわけではありませんが。)

 スポーツでは苦手な動作を改善することで、得意な動作がより良くなることもあります。

 続きます。

 

 

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
くにたち肩こり腰痛センター
http://www.kinoshitaneutral.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-9-18 NTC高橋ビル3F
TEL:042-595-8405
----------------------------------------
Facebook:http://on.fb.me/1d0tW8A
Twitter:http://bit.ly/1a6Ke8s
mixi:http://bit.ly/15jmHCP
アメブロ:http://amba.to/15jmS14
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆