皮膚や筋肉のコントロール。

■2016/03/21 皮膚や筋肉のコントロール。
 「筋肉の抵抗を通り抜けて。」…その3です。

 確かに肉を通り抜けて、直接骨を触るなんて事は不可能です。
 ですから、実際には当然、肉の上から骨をとらえなくてはなりません。

 そのために大切なのが、皮膚や筋肉のコントロールです。
 身体のどこでもいいですが、指で皮膚を触ると、ずるずると表面が動くと思います。

 その状態では、骨をとらえようとしても、皮膚や筋肉が邪魔してしまうので、
上手く調整することができません。

 皮膚のコントロールとは、この余分な動きを抑えることなのです。
 さらに、皮膚や筋肉をできるだけどかして、その下にある骨をとらえます。
 そうすることで、直接骨を触れなくても、関節に刺激を伝えることができるようになります。

 これは当店の整体の基本で、この出来によって、調整の効果は全く違ってきてしまいます。

 皮膚のコントロールや肉をどかすと言われてもよくわからない、というかたのために
次回はイメージしやすい例をご紹介したいと思います。

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
くにたち肩こり腰痛センター
http://www.kinoshitaneutral.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-9-18 NTC高橋ビル3F
TEL:042-595-8405
----------------------------------------
Facebook:http://on.fb.me/1d0tW8A
Twitter:http://bit.ly/1a6Ke8s
mixi:http://bit.ly/15jmHCP
アメブロ:http://amba.to/15jmS14
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆