骨盤矯正のときの姿勢。

■2018/01/11 骨盤矯正のときの姿勢。
 先日、骨盤矯正をしているときに、このようなご質問がありました。
 「なんでこういう体勢で調整するんですか?」

 こういう体勢とは、横向きに寝て、両足を重ね膝を少し曲げ、さらに背中を少し丸めた状態です。
 簡単に言うと、えびのような体勢です。

 横向きになるのはわかるとして、なんで足や膝の角度にそんなにこだわるんだろうと、不思議に思われたのかもしれません。
 
 確かに、このかたに限らずですが、骨盤矯正の前に少しでも足がずれていたりすると、必ず正しい位置になおしますから。
 これは私が単に神経質(ではありませんが)だからという訳ではなく、ちゃんと理由があるのです。

 この場合の「位置」というのは、関節の状態を意味しています。
 そして、「正しい」というのは、整体の効果がより発揮される位置ということです。

 関節には、位置によって調整しやすい状態と、そうでない状態があります。
 言い換えると、関節の動きがある状態と、ない状態ということです。

 次回へ。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
くにたち肩こり腰痛センター
http://www.kinoshitaneutral.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-9-18 NTC高橋ビル3F
TEL:042-595-8405
----------------------------------------
Facebook:http://on.fb.me/1d0tW8A
Twitter:http://bit.ly/1a6Ke8s
mixi:http://bit.ly/15jmHCP
アメブロ:http://amba.to/15jmS14
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆