パソコンの使い方で、肩凝り対策。

■2015/12/01 パソコンの使い方で、肩凝り対策。
 はじめて整体を受けられるかたには、簡単に仕事の内容を伺うようにしています。
 デスクワークなのか、肉体労働なのか、といった具合に。

 その際、多くのかたがパソコンを使用していることがわかります。
 デスクワークはもちろんのこと、肉体労働のかたも使用している場合は少なくありません。
 私のような整体でも使っているくらいですから。
 (ブログを書くだけですが…。)

 そんな日常生活に欠かせないパソコンですから、なるべく負担のないように使用したいものです。
 例えば、こんな具合に…

 ディスプレイとの距離は50cmは欲しいところです。
  
 ディスプレイの高さはどうでしょう。
 高すぎて、頭が上がっていないでしょうか。
 逆に低すぎて、背中を丸めてあごが突き出たようになっていませんか。
 (これは、ノートパソコンの場合によくみられるようです。)

 キーボードの位置も重要です。
 これは肩凝りだけでなく、手首の痛みなどにも影響してきますから。

 後編へ


 




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
くにたち肩こり腰痛センター
http://www.kinoshitaneutral.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-9-18 NTC高橋ビル3F
TEL:042-595-8405
----------------------------------------
Facebook:http://on.fb.me/1d0tW8A
Twitter:http://bit.ly/1a6Ke8s
mixi:http://bit.ly/15jmHCP
アメブロ:http://amba.to/15jmS14
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆