パソコンのキーボード操作で、肩凝りや手首の痛みに…

■2015/12/02 パソコンのキーボード操作で、肩凝りや手首の痛みに…
 「パソコンの使い方で、肩凝り対策。」…後編です。

 パソコンを使用する上で、ディスプレイの高さや距離だけではなく、
キーボードの位置なども重要になってきます。

 両手首の間隔が近すぎて手首が外側に反っていたり、キーボードが高くて
上に反っている状態になっていないでしょうか。

 このような状態が続くと、肩凝りや手首の痛みなどにつながる可能性があります。

 手首には「手根管」と呼ばれるトンネル状の空間があり、そこに神経や血管、
指を曲げ伸ばしする筋肉などが通っています。

 そこは、とても狭い空間のため、先ほど挙げたような不自然な状態で長時間固定していると、
神経などが圧迫され痛みの原因となってしまいます。

 さらにひどくなると、手の指や腕など広範囲でしびれを感じることもあります。

 そうならないためにも、手首間を適度にあけ、キーボードが高い場合は
手首の下に物を敷いて、手首が反らないようにしましょう。

 
 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
くにたち肩こり腰痛センター
http://www.kinoshitaneutral.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都国立市中1-9-18 NTC高橋ビル3F
TEL:042-595-8405
----------------------------------------
Facebook:http://on.fb.me/1d0tW8A
Twitter:http://bit.ly/1a6Ke8s
mixi:http://bit.ly/15jmHCP
アメブロ:http://amba.to/15jmS14
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆